紫外線の種類

紫外線は、波長の長さにより、A波・B波・C波に分けられていて、波長が短いほど皮膚に刺激を与えます。

C波が最も波長が短く、刺激が強くなっています。
このC波は、人工光線として医療現場やスーパーの食品売り場などの殺菌灯などに使われています。
それほど強いエネルギーを持っていますが、太陽から届くC波は、オゾン層や待機中の酸素に吸収されるので、高所を除いた地表には、ほとんど届きません。

次に波長が短いB波も、地表に届く量はごくわずかです。
しかし、皮膚細胞の遺伝子DNAに直接吸収されるため、たくさんの傷をつけて皮膚がんや日光角化症の原因になってしまいます。
ごくわずかでも、皮膚に強い刺激を与えるので要注意。

A波は、私たちが浴びている紫外線の90パーセント以上に含まれています。
日焼けの原因となる力は、B波の1/1000以下ですが、免疫低下には強く関係しています。

また、A波は表皮の下にある真皮まで届き、肌のハリやシミを作る能力は低いですが、既にあるシミを濃くする能力はB波よりも強力。
浴びる量も多いので、十分な対策が必要です。

このページの先頭へ